拳を握って立つちくわぶの魂

恋はしめさば、海はマトカ。3時のおやつは生たまご。

台湾料理を食べに行った

 

先日祖母から墓参りに行く代わりにこれで美味しいものを食べなさいと一家にお小遣いをもらった。しかし上の妹はアルバイト、下の妹は受験生でなかなか全員が揃う日もなく。お盆に入ったことで塾も休暇に入ったので、ランチを食べに行く運びとなった。

そんな今日行ったのはタイトル通り台湾料理の店、茶坊。母が数年前にママ友とランチをした店だという。せっかくなので食べログのリンクを貼る。https://tabelog.com/aichi/A2301/A230111/23057284/

10時半に予約の電話を入れ、11時半からのランチと決め込んだ。まだ昼食には若干早い気もするが、座席の多くが埋まっていた。

今回注文したのは天心5種豪華セット。まずは蒸し餃子、焼売、海老焼売、翡翠餃子、小籠包の5つが運ばれてきた。皮がとてももちもちである。そしてエビはプリプリだ。小籠包は1番最後に食べたからか、汁が熱すぎて舌が火傷することはなかった。しかし小籠包のあの美味しさは全く損なわれず。私はやはり小籠包が好きである。久しぶりに食べた。f:id:chikuwabu_soul:20210811230946j:image

続いて副菜と春巻きが運ばれてきた。この2つはどちらも日替わりらしい。今日の春巻きはイカの春巻きだとか。中身は少しピリリとして、皮はパリパリだった。肉団子はふわふわであった。ちなみにこのポテトサラダはメニューに記載されていたので毎日出るようである。f:id:chikuwabu_soul:20210811230918j:imageそして小主食が運ばれてきた。この主食は醤油ベースの野菜たっぷりの麺料理か、ホーロー飯という台湾の屋台ではおなじみらしいそぼろの肉の混ぜ飯、そして台湾混ぜそばと台湾混ぜ飯の4つから選べる。私は辛いものを一切食べられないのでホーロー飯を選んだ。母と妹2人は台湾混ぜそばを注文した。ここで活躍するのが、最初の天心と一緒に机に置かれていた調味料である。1つは店員のお姉さんが「辛くない」といった、玉ねぎを使ったラー油のような見た目をしたもの、1つは「辛い」と言った「鬼」と書かれたおそらく胡椒のようなものである。私は使っていないので知らないが、山椒の椒の字が書かれていた辛い香辛料なのでおそらくそういう何かなのだろう。せっかくなので、私は辛くないラー油のような見た目の調味料を使ってみた。本当に辛くない。こんなラー油のような見た目をしているというのに。見た目は赤いのに辛くないとは、なんという不思議。甘めのそぼろご飯といった感じで美味しかった。f:id:chikuwabu_soul:20210811231929j:image

さて、主食を食べれば次はデザートだ。このデザートもやはり日替わりで、違う種類の豆花が出るらしい。この豆花、かんてんぱぱでよく食べるものの、レストランで食べるのは初めてである。今日の豆花は「仙草豆花」。漢方を使ったものらしい。上の妹がメニューを見て気になっていたものなので喜んでいた。食べると優しい甘さが口に広がる。杏仁豆腐が苦手な下の妹も、豆花は食べることができた。ちなみに普段は私が好物の杏仁豆腐を貰っている。上に乗っている種のようなものはなんだろうか。パッションフルーツではという意見も出たが、パッションフルーツは黄色い。色的にドラコンフルーツの方が近いのではという意見も出たが、そもそもドラゴンフルーツは食べた記憶がない。結局、これはチアシードではないだろうかという母の意見で終わった。私はチアシードもよく知らない。ハワイのやつとも思ったが、それはアサイーボウルか。f:id:chikuwabu_soul:20210811232455j:image

最後に運ばれてくるのはドリンクだ。紅茶、コーヒー、オレンジジュースなども選べるが、私はアイスピーチティー、ほか3人は本日の中国茶を選んだ。入店した時は暑かったのだ。それに私は桃が好きである。ピーチティーは非常に桃の味だった。匂いだけでなく、味が「桃」だった。ちなみに中国茶は「東方美人」とかそんな感じの烏龍茶だった。烏龍茶は発酵させたお茶だと店員さんが言っていた。

そしてデザートをさらに食べた。かき氷である。そういえば台湾はかき氷が有名だった。この店のかき氷は氷そのものに味がついており、マンゴーかミルク味のどちらからしい。今回注文したのはパッションミルクかき氷なので、ミルク味だった。他の味はマンゴー、イチゴミルク、小豆ミルク、マンゴーミルク、チョコミルクなので、実際のところマンゴー味の起こりを使うのはマンゴー味のみだけなのではないだろうか。ミルク味の氷はふわふわで口の中ではすぐ溶けるが、そのくせスプーンで取る際には丈夫であるという、不思議な感覚の氷だった。味はミルク味だが、どちらかというと練乳味ではないか?と思った。要するに、甘くて美味しい。私は甘党だ。パッションフルーツのソースは酸っぱすぎず、甘い氷とマッチしていた。パッションフルーツと聞くとつい選んでしまうのは、私がキュアパッションが大好きだからである。f:id:chikuwabu_soul:20210811233347j:image

そして会計をして店を後にした。台湾スタイルなのか、店員さんが席まで来てくれた。そういえば海外では店員が席まで来て会計をするのが一般的らしい。1530円の定食4つと800円のかき氷で7000円弱。美味しいランチだった。上の妹は次はチョコミルクかき氷が食べたいと言っていたが、私はマンゴーかき氷がいい。単品メニューも豊富なので、定食ではなくそちらを食べるのも面白そうだ。