拳を握って立つちくわぶの魂

恋はしめさば、海はマトカ。3時のおやつは生たまご。

ネットゴーストPiPoPaを観る話(その2)

前回はこちら。https://chikuwabu-soul.hatenablog.com/entry/2021/08/09/233210

さて少しずつDVDを観て、ついにカズシゲがネットダイブしたところまで、つまりついにプーがピポパに加わるところだ。前回はまだひかるちゃんすらネットダイブしていなかったので、かなり進んだ。祖父江博士のところのプリリンも登場したしね。

しかしこの間、勇太くんと守の仲の良さがアピールされまくりである。守は勇太くんに会いたい一心で未完成ながらネットダイブに成功してしまうし。まだ11歳。才能が恐ろしい。勇太は勇太で七夕の願いは守のことを願うし、占いでも守のことも一緒に占おうとするし。BFF、ベストフレンドフォーエバーであれ。でも誕生日にプラネタリウム贈るのはすごい。誰にも超えられないぞこのBFF。出来過ぎボーイだ。

しかし、守がネットダイブした回は切なかった。親友を驚かせようとネットダイブに挑戦して、ついにネットの世界に行けたというのに、肝心の親友には認識してもらえず、誰にも気付かれない。しかも親友と新しくできた友人が自分の干渉できない目の前で楽しそうにやっているし、かつての思い出と同じようなことをしているし、助ける手段を知っていたのに助けることもできないし。挙句に親友は自分がいたことなんて知らないから目の前でやっていたことを嬉しそうに楽しそうに報告してくるもんね。

勇太くんは悪くはないといえ、守だってまだ11歳。電話だって切りたくなるものだ。自分ならできるとおもっていただけに悔しかったんだろうね。驚かせたかったのに失敗してしまったし。がんばれ少年、君にはファンクラブができるほどの輝かしい才能がある。しかし爺さんに興味を持ち始めてしまったか。あの爺さん見るからに胡散臭いぞ、あの怪しいドリームフューチャー社の創設者だし。お母さんとは似ていなかったので、おばあさんは余程の美人なのだろう。

そしてひかるちゃん。彼女は強い子だ。ゲームの中だけ強いと言っていたが、現実世界でも運動神経抜群。そして、精神的にも強い子だ。しかしそんなひかるちゃんも両親は離婚、小さい頃から親は仕事で忙しく、祖父と二人暮らしと結構なヘビーな環境育ちだった。メモリンのシーンは思わず目が潤んだ。

運命の相手は第1希望はアイザワさん、カズシゲは論外で勇太くんはアリらしい。……ドンマイカズシゲ。しかしひかるちゃんは君のファンだよ。カズシゲとは全然違う金髪の美形を想像しているけれど。でもアイザワさんはやめといた方がいいと思う。ぱっと見ダメ人間だし先生のこと好きだよ。エコロンを助けるためにウイルスに立ち向かったりするひかるちゃん。しっかり者で勇気があって強い子なのであまり心配はしていないけれど、少し危なっかしい子だなと。こういうことは忘れていた。

プーが加入してますます面白くなるこの作品。ピットはこの後プー絡みでカッコイイシーンや見せ場がたくさんあるので楽しみ。しかしまぁ、ピットは最初かなりプーのことを邪険に扱っていたんだな。プーもピットは意地悪だと思っているし。小学生男児か。でもなんだかんだで泣いていたからと探しに来るあたり、良い奴だよピットは。1話でも勇太が帰る方法を一緒に探してくれたし。

ダメ男アイザワには何やら秘密がありそう。守の今後、ドリームフューチャー社、セイレーン、ネットヴィーナス。謎や気になることを残しつつ、物語は2クール半ば。顛末だけ覚えていても家庭や細かいことは忘れているので今後が楽しみ。

ところで、息子が部屋で叫び声を上げたと思ったら、変な機械を身体に装着して気絶していたって、これはかなりヤバい状況だ。守くんを突き動かすBFFパワーは凄いが、彼まだ11歳なので夜は寝かせた方がいいと思う。いのちだいじに。

次回のリンク。https://chikuwabu-soul.hatenablog.com/entry/2021/08/14/225131