拳を握って立つちくわぶの魂

恋はしめさば、海はマトカ。3時のおやつは生たまご。

仮面ライダーW/還ってきたT 感想

アクション凄いな、流石はエリート竜くんと思ったら坂本監督回。なんとこれが初ライダーだそうで。なるほど、それでガイアメモリの挿し位置が脚なのか。わざわざ脚を強調するポーズとカメラワーク、そしてスリット入りスカート。そんな回。

さて今回の依頼者はお馴染みマッキー。2回続けて警察からの依頼だけど、値段3割増で引き受ける。乗り気じゃなかった翔ちゃんもマッキーの動機に呼応して引き受ける。それで良いのかハードボイルドならぬハーフボイルド。

今回のドーパントは脚のセクシーなNY帰りの女刑事。あるいはノッさんの妹。そういやノッさん仮面ライダー内定したね。へぇ、トリケラトプスってトライセラトップスって言うんだ。刑事さんがそんなで良いのかよと思いつつ、その動機は尊敬していた刑事を死に追いやった奴らが許せない、ひいてはこの街が許せないというもの。風都警察大丈夫か?そら悪徳警官はダメだけど、特に溝口さんを追い詰めた訳でもない刃さんを殺そうとするのはなぁ。というか、ガイアメモリの流通元を突き止めてこの街の危険を終わらせる!とかそういうのじゃないんだ。自分が新たな不正警官になって情報を横流しにしようだなんて。マッキー、あんたガイアメモリが関わらなければ……とか言っていたけれど、この人激情型っぽいし多分危ない人じゃない?確かにガイアメモリを使うと凶暴化するとはいえ。翔ちゃんは綾さんはちゃんと自首すると信じていたっていうのに酷い。

綾さんに総本山を突き止められた冴子さんだったが、刃さんを殺したら幹部にしてやるという。若菜姫もビックリ。でもきっと職場にペットのネコを連れてくる若菜姫にも冴子さんはビックリ。ビックリどころか平手打ち。さてここでガイアメモリの新情報。マイナスの感情がある方がメモリに飲まれやすいらしい。なるほど、霧彦さんはそこが駄目だったのか。あの人はどちらかというと良い人だから。

綾さんが刃さんを殺そうとする一方、綾さんがそんなことをしようとは露ほども思わずに、時間に来たから自首するんだなと、問題は解決したと気の早い結論をする翔ちゃんと所長。疑っているのはフィリップくんだけである。食べに行こうとするが、そこにエリザベスとクイーンが合流してカラオケに行くことに。所長がとても不満そうだぞ。気が付かないのか翔ちゃん。でもいざ行けばノリノリ所長とエアマイクな翔ちゃん。所長も若菜姫の曲歌えるんだ……このくらいしか劇中カラオケで流せそうな曲が無いからなのかもしれないが。翔ちゃんも、若菜姫に幻滅しつつカラオケで振り付け付きでノリノリで歌うくらいにはファンなんだな。フィリップくんは気がついていたので警察に侵入。ファングの催促もしっかりこなす。サイクロンジョーカーだと翔ちゃんがさらにここから警察に向かわなければいけないしね。

さて今回の竜くんはアクションが凄い。さすが坂本監督回。そして竜くんの不死身っぷりがバンバンお出しされる。上から鉄骨が降ってこようがお構い無しだ。竜くんはドライブにも出演しているからね。風都探偵も超えてその頃までは何があっても生存できるという保険もついてくる。そしてバイクになったかと思えば戦車と合体する。Wはバイクの後ろパーツを付け替えできるが、アクセルも後ろパーツを呼び出すことが出来るのだ。どっちの方が操作しやすいんだろう。マッキーが復讐なんて……と言った時にマッキーを殴った竜くん。綾さんは自分の為だと思っていたし、竜くんはハエがとまっていたからだと言っていたが、竜くんも復讐に燃える男なので自分のために殴ったんじゃないの?

さて次回、あのジミー中田がやってくる。この回前に見た時面白かった記憶。